高額年収エンジニアへのキャリアチェンジ

エンジニアへキャリアチェンジをする際のリスクも知っておく

キャリアチェンジのリスク

特集

キャリアチェンジ以外の選択肢

社会人として数年を経過して、そろそろ自分の将来設計を具体的に思い描くことができるようになると、目の前の業務に忙殺されている現状に、幻滅を感じてしまうかもしれません。「やりたい仕事をしているにもかかわらず、こんなはずではなかったと思う」あるいは「やりたいことが見つからない」という人は、案外少なくありません。あるいはもっと具体的に、現状に対する不満を数え上げることができる人もいるでしょう。
しかしだからといって、一足飛びにキャリアチェンジを考えるのは、リスクがあります。誰しも「隣の芝生は青い」と思うものです。現状への不満も、ほんのちょっとした工夫で回避出来るものかもしれませんし、異動や転勤で解消するかもしれません。それでも20代後半であれば、やり直しのチャンスは十分ありますし、今度こそ理想の仕事に就くことができるのかもしれません。それも飽くまで、キャリアチェンジのリスクを理解した上で冷静に判断しなければ、とんでもなりリスクを背負い込むことになるので注意が必要です。

キャリアチェンジのリスク

まずキャリアチェンジをすることのリスクとして、新しい就職先を見つけるためには経済的にも時間的にもコストがかかるという点が挙げられます。今の職場を円満に退職するための手続きはもちろん、いざ退職しても転職先の給与体系や条件によっては、収入が下がるリスクもあります。そして転職後に、果たして本当に能力が活かせるのかどうか、というリスクもあります。更に新しい職場で、一から人間関係を築き直さなければならないというリスクもあります。仮に現職において多大なストレスを負っているとしても、転職して更に慣れない環境に変化するため、新たなストレスを負いかねないというリスクもあります。
中途採用であれば、即戦力を求められるのが通常であり、それだけの期待を背負っているというプレッシャーも掛かります。一般的に転職は35歳ぐらいが限界と言われる中で、キャリアチェンジを図る場合には、更に厳しいと言われています。新しい業種に挑戦する以上、新たなスキルや知識を習得する必要もあることや、家族環境や体力的な面も考えれば、20代後半まではチャンスがあるといえるでしょう。

リスクとチャンスは表裏一体

もっともここでリスクとして挙げたものは、裏を返せばチャンスでもあります。というのも現状に留まることが、必ずしも良いことであるとは限らず、むしろリスクであることもあるからです。バブル景気の崩壊後にも、構造改革が叫ばれながら、その実改革は遅々として進みませんでした。一度成功体験を味わうと、そこから抜け出すことは難しく、環境が変化していてもそれに気付こうとしなくなるのでやっかいなのです。

20代に人気の記事

キャリアチェンジのリスク

異業種へのキャリアチェンジは、通常の転職以上に慎重に考えなければなりません。まずは今の仕事で不満な点を、転職以外の方法で解決できないか考えましょう。どうしてもキャリアチェンジするのであれば、リスクを理解しておく必要があります。それはすなわち金銭的・時間的にコストが掛かる上に、転職後に収入が下がるリスクや、能力が未知数であるリスク、そして人間関係を新たに築き直すリスクや新たなストレスに晒されるリスクの他に、年齢的なリスクもあります。

稼げる人の特徴とは?

いくらエンジニアが人材不足とはいえ、稼げるフリーランスには特徴があります。フリーランスは良くも悪くも自分次第であり、客観的に自己分析できなくては、クライアントとの良好な信頼関係を築くことは難しいのです。そして自分の市場価値を考えて、売り込み方を知っており、環境の変化を先取りするなど市場価値を高める努力を怠りません。危機感も強く、エンジニアであっても一つのプログラミング言語に満足せず、複数習得して守備範囲を広げる備えをしています。

20代後半がベスト!

せっかく苦労して就職したというのに、若者が早々に会社を辞めてしまうという嘆きがあちこちで聞かれます。しかしその中でも「石の上にも3年」で、20代後半にもなれば、社会人としての基礎は身に付き、これからのキャリアを腰を据えて考える時期でしょう。仮に同業種ではなく、他業種への挑戦というキャリアチェンジを考えるのであれば、この20代後半までがチャンスです。というのもその先になると結婚や子育てや親の介護など、様々な環境の変化もあり、また体力的にも年齢的にも難しくなるからです。

ページトップへ

高額年収エンジニアへのキャリアチェンジ

Copyright © 2015 高額年収エンジニアへのキャリアチェンジ All Rights Reserved.